プラド リフトアップ後のヘッドライト光軸調整DIY作業方法を分かりやすくご紹介!

少しマニアな世界
スポンサーリンク

皆さん、こんばんは!

CarLive!をご覧いただきありがとうございます!

今回は私の愛車であるランドクルーザープラドのDIYシリーズです!

以前、DIYでリフトアップに挑戦した事をご紹介いたしましたが

リフトアップによってヘッドライトの光軸がほぼハイビームになってしまいました。

最終的にはショップにて調整する事をオススメしますが、

一旦、迷惑にならない様に応急処置をする作業手順をご紹介していきたいと思います!

※私のプラドはオートライト法規適合後の車両で、

 走行中にヘッドライトをOFFする事が出来ません(結構この機能不便です)

 応急処置するまでの数日間はただの迷惑車両になっていました・・・。

スポンサーリンク

まずは壁にヘッドライトを当てて光軸高さを確認する

まずは、壁から約3m程離してクルマを止めます。

ヘッドライトを壁に向かって点灯して、カットラインに合わせてテープなどで印を付けます。

昼間でもバッチリ分かります!

※2インチアップだと大体10cmくらい光軸が高くなってしまいます。

(純正車高で写真撮り忘れました・・・)

クルマの位置がずれないように、輪止め等の位置にも印をして置くと

調整後も同じ位置にクルマを置く事が出来ます。

光軸調整ロッドの長さを調整する

プラドは右側のリヤサスペンション前方に光軸調整用のセンサーがあります。

ここのセンサーと繋がっているロッドの長さを調整していきます。

赤丸の部分を調整して長くします

ターンバックル式になっているので、3山程残して出来るだけ長くなる様に調整します。

光軸ロッド取り付け穴位置も調整する

光軸ロッドの長さを最大にした後に、ロッドが取り付いている長穴も調整しましょう。

赤丸の部分を一番高い位置に調整します

ここは一番高い位置まで調整後、しっかりとナットを締めて下さい。

ロッド調整については下記リンクより動画でもご確認頂けます!

光軸の高さが下がったか確認する

最初に光軸を確認した時と同じ要領で、ヘッドライトを壁に向かって点灯します。

5cm程低くなりました

この調整でだいたい5cm程低くする事が出来ます。

応急処理完了

この方法で応急的に周囲のクルマに迷惑を掛けないレベルまでは調整することが出来ます。

しかし、光軸が正確に合っているわけではありませんので、

最終的にはヘッドライトテスターのあるお店で調整する事をオススメします。

Car Live!では、様々なサポートも実施しておりますので

CONTACTページよりお気軽にお問い合わせください!

リフトアップも良いけど・・・

リフトアップ等のカスタムを楽しむ事も良いですけど、

次に乗りたい車はありますか?

私にも目標としている車があります。

そんな理想の車を手にする為には、やはり資金作りが一番大切です。

しかし、資金作りといっても生活しながら資金を作るのは結構難しいですよね。

そこで皆さんにご提案したい一番簡単な資金作りは、

今持っている資産(愛車)を出来るだけ高く手放す事です。

車の買い替え商談の際に、担当営業マンは必ず

「最近は下取り頑張っているので、買取店には負けません!」なんて

甘い言葉を掛けてきますが、これは本当でしょうか?

確かに、かなりの高値で下取りをして頂けたという話もありますが

8割くらいは高値では無いのが現実だと思っています。

実際に下取り金額と買取店金額が50万円程開いていた経験もあります。

革新的、中古車売却方法、SellCa(セルカ)

それでは、どうすれば下取り金額が高値であるか判断出来るのか?

答えは「販売店訪問前にしっかりと下調べしていく」ことです。

事前に調べるとなると面倒に感じてしまうかもしれませんが

最近は簡単に申し込み出来る一括査定サイトが沢山あるので、

無料で使えるものは有効活用してみましょう!

訪問前に査定額を提示【”いつのまにか査定”のUllo(ウーロ)】

事前に愛車の価値を調べておく事で、今の愛車を一番高く手放す事が出来ます。

高く手放した資金を使って、理想の車種やグレード

オプション装備を手に入れて幸せなカーライフを送りましょう!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました