東京オートサロン2022(TAS2022)に行ってきた!<三菱 ヴィジョン・ラリーアートコンセプト編 >

コンセプトカー
スポンサーリンク

皆さん、こんばんは!

CarLive!をご覧いただきありがとうございます!

前回に引き続き、東京オートサロン2022シリーズです!

TOYOTA GAZOO Racingブースはかなり盛り上がっていましたが、

三菱自動車のブースもなかなかの盛り上がりを見せていましたよ!

スポンサーリンク

11年ぶりに復活が発表されたRALLIARTが展示!

2021年5月に三菱自動車ワークスのラリーアート復活が発表されました。

三菱ファンは待ち望んでいた発表だったのではないでしょうか?

(トヨタ自動車はGRでかなり派手にやっていますし・・・!)

そんなラリーアートパーツが装着されたクルマが展示されていました。

中でも目立っていたヴィジョン・ラリーアートコンセプトについてご紹介します。

ヴィジョン・ラリーアートコンセプト

まず初めに感じたのは「全然ラリーアートっぽくない!普通にカッコいい!」でした!

大変失礼ながら、ラリーアートといえば、イカにもラリーっぽくて暑苦しい感じ・・・。

しかし、良い意味で裏切られた気分になりました。

あ、このクルマのベースはアウトランダーPHEVだそうです!

従来のラリーアートイメージは全く感じませんでした。

ヴィジョン・ラリーアートはオンオード表現がテーマ

ラリーアートの可能性を示唆する為のコンセプトカーという事で

当時のラリーアートを知らない世代にも受けるように作ったそうです。

片側50mmワイドフェンダーや、22インチタイヤ&ホイール、

専用のバンパー等を見ても従来のイメージは払拭されています。

輸入車SUVにも引けを取らないカッコ良さに仕上がっているのも納得ですね!

ポイント紹介

・迫力のフロントフェイス

専用グリルとバンパーは迫力満点!

・輸入車っぽさも感じるサイドビュー

レンジローバーと何かを足して割った感じ!?

・スタイリッシュなリヤビュー

フロントバンパーとデザインを合わせたリヤバンパー周りもカッコいい!

・大迫力の22インチアルミホイール

ラリーアートのロゴをモチーフにしているそうですが、めちゃめちゃカッコいい!サイズは285/40ZR22!

「勝つ」へのこだわりは変わらない

ラリーアートはとにかく勝つという事にこだわっているそうです。

従来の「ラリーに勝つ」から「モノ作りとして勝つ」へ変化させて

新しいラリーアートの世界観へ進化していくそうです。

11年間の期待を背負って復活するラリーアートから目が離せませんね!

Shiba

コメント

タイトルとURLをコピーしました