MIRAIの購入について、ぜひこんな人におすすめしたい!

ミライ
スポンサーリンク

皆さん、こんばんは!
CarLive!をご覧頂きありがとうございます。

本日は、先日取り上げた、MIRAIの購入について、気をつけるべきことの続編ということで、このMIRAIをぜひおすすめしたい方を考えたいと思います!
(弱小ブロガーなので、別にメーカーの人がお金をくれるわけでもなく…今日も忖度なしでいきますよ!)

スポンサーリンク

水素ステーションが近い方

やっぱり、水素だよねーっ!(笑)
何度でも言いますが、水素の入手性が最重要項目です!
というか、以前もお話しましたが、これは、ちゃんと生活を豊かにするツールとして使う上でも、絶対に外さない方が良いと思います。

以前、勤めていた会社で、実は、リースの燃料電池車が社用車であったのですが、群馬県の会社で、当時は群馬県下に水素ステーションはなく、お隣の埼玉まで、なんと100kmも先の水素ステーションに通っていたのでした。これでは、不便極まり無いですね!

ちなみに、私の場合、生活圏から15〜20分程度の場所にあります。これなら、もともとガソリン車に乗ってた時とそれほど大差ないので、ストレスもないです!

この生活圏から15〜20分というのは、私なりに、買う時に考えた理屈があります!
そう、この壁を超えるためには、私もいろいろ悩み苦しんだのでした(うんうん)

新しいものに興味のある方

これも、外せない気がします!
電気自動車が、最先端でしょ!と思う方もいるかも知れませんが、電気自動車って実は歴史は長くて、自動車史で考えてもそれほど新しいものではありません。(すごい、アンチな言い方ですみません汗)

こちら、たま電気自動車なんかは、1947年には走ってたようですよ?

しかしながら、まだ、実用化できているメーカーは、数少ないですし、自動車史どころか、エネルギー史で考えても、最先端の技術で作られてます。少し前まで、100年先の技術だと、言ってた会社さんもありますね。

2008年ホンダの燃料電池車 FCXクラリティ発表時はそういう感覚だったんですね!

待つのが苦手な方

私がそうですが、電気自動車のあの充電して待つ感じが中々、ストレスに感じてしまいます。とゆーか、家庭用200Vとかだと、リーフとかですら、満充電に16時間ぐらいかかります汗 それが、MIRAIはじめ燃料電池車の水素の充填は5分ぐらいで終わるのだから、ストレスないです。

初代MIRAIのカタログより。3分は言いすぎな感じもします笑

ちなみに、最近ではガソリン車もセルフも多いし、電気自動車は、自分で接続するのですが、燃料電池車の場合は、基本的に、法律的な問題も、あって、店員さんに充填してもらうスタイルですね!

コスパの良いものがお好みの方

②でも、言いましたが、燃料電池というのは、世界最先端の技術です!この最先端の技術をクルマらしい価格で購入できることは、はっきり言って、コスパがいいと思います。初代発売当時、ドイツの自動車税メーカーに、『ゼロ一個間違ってる。7000万だろ!』と言わしめたとか?

それでいて、補助金や、免税を受けれるんですから、間違いなく、コスパは、いいと思います。

ちなみに、コスパという意味では、初代MIRAIの中古車なんかは、ヤバいと思います。。。この価格で、高級車としての装備は軒並み揃えてるんだからヤバいです…興味がある方は、カーセンサーとか、覗いてみてくださいね!

他の人の乗っているものと同じものじゃつまらない方!

今のところ、他の人と被ることは、ほぼないですね笑
生産台数的にみても、ちょっとしたスーパーカー並みに希少ですし。

そして、初代も新型もですが、かなり個性的な見た目なせいもあるのか、ちょくちょく視線を感じます汗 でも、悪い気はしないですね笑
(別に憧れというより、変わってるなぁとの眼差しなのでしょうけど…)

と、言うことで、今回は、MIRAIをおすすめしたい方について、考えてみました。

何となく、文面から読み取った方もいるかも知れませんが、ぜひ電気自動車の購入を考えてる方には、全力でおすすめしたい!と思っています笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました